>Topics>交通事故トラブルは弁護士へ【早めに相談しよう】

交通事故トラブルに巻き込まれたら

交通事故トラブルに巻き込まれる方が後を絶ちません。保険会社同士の話し合いでまとまらなかった場合や、相手方が任意保険に入っていなかったなどという場合、弁護士を間に入れて話し合いを進める方法をおすすめしています。

優良な弁護士の特徴

女の人

後遺障害の心配などをしてくれる

当事者にとって後遺障害が残ってしまうことで生活が成り立たなくなることが一番の懸念となるでしょう。被害者であればなおのことです。弁護士が病状に関して寄り添ってくれる他、後遺障害に関する諸手続きを提案してくれると安心できます。

代理人となって交渉事を進めてくれる

弁護士の仕事の一番の業務は、当事同士が東京と地方在住というような場合でも、代理人となって交渉事にあたってくれること。交通事故が起こった要因などをきちんと調べ、警察や役所などへ足を運び、対抗要件があれば話を進めてくれるなど頼りにできる存在であると安心できます。

交通事故案件の取扱い件数が多い

交通事故案件の取扱い件数が多い弁護士事務所であれば、安心して案件を任せることができます。自身が加害者となった場合、裁判の回避など和解交渉を推し進めてくれる弁護士などであれば、更に安心できる要素となるでしょう。

交通事故トラブルは弁護士へ【早めに相談しよう】

交通事故

交通事故による後遺障害認定を弁護士に依頼するメリット

交通事故で後遺障害が残ってしまう可能性も否めません。自動車任意保険に加入している場合、当事者同時での話し合いと認定によって障害の度合いが決められます。弁護士に後遺障害認定を依頼することで、医療の観点から詳しく等級などを割り出し、被害者側が有利になれる資料を添付した上で被害者請求を行うことができます。また、一番お金が必要となる事故後、示談が成立する前に自賠責保険などから保険金を受け取れるメリットも。自動車任意保険に弁護士特約を付けていれば、弁護士報酬の負担もありません。